トップページ » 中医学の知識 » 未病とは

中医学の知識

未病とは

「未病」とは病気に向かっている体調不良の状態です。
「未病」という言葉は約2千年前の中国最古の医学書「黄帝内経」に出てきます。
「治未病、不治已病」
病気になってから治すのではなく、病気になる前に病気の原因を改善することが重要だと書かれています。
この思想は、病気になりにくい身体をつくる予防医学として現代医学に取り入れられています。
永く健康を維持していくためには、未病の時期をいち早く捉えて、素早く改善していくことが大切です。
何となく身体がだるい、最近疲れやすい、身体が冷える、肩こりが酷く頭痛やめまいが伴う、不眠症や便秘など、それは全て身体が発している未病の始まりを知らせるサインなのです。
未病の症状は人によって様々ですから、自覚症状が無い場合もありますので注意しなければなりません。
人間は、健康体から一気に病気になるのではなく、必ず「未病」という体調不良の症状を経て病気になります。
未病 病気になると病院では各器官に現れた症状に対して対症療法が施され、一時、症状が抑えられるので、かえって病気の根本を見失ってしまい慢性病に発展してしまうこともあるので注意が必要です。