トップページ » 中医学の知識 » 陰陽五行とは

中医学の知識

陰陽五行とは

陰陽太極図クリックで拡大します

中国古代の自然哲学であり、宇宙観です。
「陰陽学説」と「五行学説」の二つの理論から成り立っています。

陰陽学説

「陰陽」はもともと自然現象を表す素朴な概念でした。
太陽と月の規律正しく移り変わる様子が最初の陰陽観です。
「陰陽学説」では宇宙は陰気と陽気によって構成されています。
万物は必ず陰と陽の二つの相対する属性を持ち、お互いに対立しながら
依存し合い、制約し合い、転化し合うという理論です。
この規律に従って、自然界の全ての物は絶えず運動変化し、発生、消滅します。
陰陽学説は中医学理論体系全ての中心となっています。
中医学では、人体の免疫機能のことを正気(陽)と呼び、疾病に至る全ての原因を邪気(陰)といいます。
正気(陽) > 邪気(陰) =  陰陽平衡(健康)
正気(陽) < 邪気(陰) =  陰陽失調(病気)
健康状態とは、人体の陰と陽のバランスが取れている陰陽平衡状態。
病気とは、人体の陰と陽のバランスが崩れている陰陽失調状態。
中医学における病気の治療は、崩れた陰と陽のバランスを調整することにあります。

五行学説

五行の「五」とは、自然界の万物を構成する「木」「火」「土」「金」「水」の五元素のこと。
「行」とは、これらの五種類の物質が常に活動変化し、お互いに助け合い抑制し合う相互作用のことです。

五行の性質:
相生、相克関係図

(1)「木」の特性:草木の生長のイメージ。生長・自由自在・伸びやか。
(2)「火」の特性:火が炎上するイメージ。炎熱・上昇。
(3)「土」の特性:大地のイメージ。生化・養育・受納。
(4)「金」の特性: 金属のイメージ。清潔・収斂・粛殺。
(5)「水」の特性:水のイメージ。滋潤・寒冷・降下。

五行学説について最も重要なのは相生、相克関係です。

相生、相克関係図クリックで拡大します
1.相生関係:(相互促進と助長)
相生関係の順序は木生火、火生土、土生金、金生水、水生木
母子関係ともいいます。木を燃やしたら火となる。火が消えたら灰ができて土となる。土から金属が出る。金属を溶かすと水となる。水が木を育てる。
2.相克関係:(相互抑制と克服)
相克関係の順序は木克土、土克水、水克火、火克金、金克木。
木が土から栄養を吸って生長する。木は土に勝って土を抑制する。
土は水の氾濫を止められる。土は水に勝って水を抑制する。
水は火を消す。水は火に勝って火を抑制する。
火が金属を溶かす。火は金に勝って金を抑制する。
金属は木を切り倒す。金は木に勝って木を抑制する。
五行学説も陰陽学説と同様に中医学の理論体系を構成する重要な内容であり、特に、臓腑組織器官の五行属性、臓腑間の相互関係及び人体と自然界の関連性を解釈しています。