トップページ » 中医学の知識 » 五臓とは

中医学の知識

五臓とは

中医学では人体の内臓のことを「臓腑」と呼び、臓腑は五臓ごぞう六腑ろっぷ奇恒きこうの三種類に分類されます。
五臓は『かん』、『しん』、『』、『はい』、『じん』の五つ、
六腑は『たん』、『小腸しょうちょう』、『三焦さんしょう』、『』、『大腸だいちょう』、『膀胱ぼうこう』の六つからなり、合わせて「五臓六腑」と言います。
奇恒の腑は『のう』、『ずい』、『こつ』、『みゃく』、『たん』、『女子胞じょしほう(子宮)』が含まれます。
中医学の五臓六腑は心臓、脾臓など具体的な臓器ではなく、現代医学の臓器よりずっと範囲が広く、いくつかの組織器官の働きを統括し、五臓を中心とした五大体系のことを意味します。
五臓は共通して精気を化生、貯蔵する働きがあります。
私達が摂取した飲食物(水穀すいこく)は、体に必要な栄養成分(水穀の精微せいび)と不要成分(糟粕そうはく)に分けられ、五臓は水穀の精微から気、血、津液などの精気を作り出して蓄えます。
六腑は共通して水穀を受納、消化吸収、伝送し、糟粕を排泄する働きがあります。
六腑は飲食物を受け取り、水穀の精微と糟粕に分け、水穀の精微は五臓へ運び、体内の糟粕は便や尿として体外へ排泄します。
五臓六腑は臓が「陰」、腑が「陽」に属し、臓と腑の間は経脈で繋がっており、一陰一陽で表裏関係となっています。