トップページ » 中医学の知識 » 気血津液とは

中医学の知識

気血津液とは

」、「けつ」、「津液しんえき」とは人体を構成、生命活動を維持する基本物質です。
「気」は絶え間なく流れ、活発に機能活動を行っているため、陽に属し、「陽気」とも言われます。
「血」は基本的に血液のことで、「津液」は人体が必要とする水液のことです。
血と津液は濡養作用を具え、物質性をあらわしているため、陰に属し、まとめて「陰液」とも呼ばれます。
それぞれが常にバランスを保ち、コントロールし合うことで生理機能を円滑にしています。
(1)「気」は、きわめて強い活力を具える精微物質です。生命活動のエネルギー源で、臓腑や経絡などの機能活動の原動力です。

(a)気虚とは
気の不足。つまり体のエネルギーが不足した状態。気虚により、体の生理機能が低下や衰退し、免疫力が低下する病理状態です。
(b)気滞とは
気の運行障害で、気の巡りが滞った状態を言います。気滞により引き起こされた臓腑や経絡の機能障害です。

(2)「血」は絶えず経脈の中を循環し、臓腑をはじめ、全身に栄養、滋潤の役割を果たし、それらの生理活動を正常に維持しています。
血の栄養、滋潤の働きが正常であれば、血色が良く、肌肉が豊満し、筋骨が丈夫になり、運動も盛んになります。
臓腑が良く機能し、視力が増し、皮膚と毛髪は潤って艶やかになります。
また、血は精神活動の基本物質なので、血気が充実であれば、元気いっぱいで精神意識がはっきりし、感覚や反応が機敏で活動も自由自在となります。

(a)血虚とは
体内を流れる血が不足した状態。
(b)瘀血おけつとは
血行障害が起こり血の循環が遅くなったり、滞った状態を意味します。
瘀血とは固まった血液のことで、重症になると筋腫や腫瘍、癌などの病態へと変化すると考えられています。
軽症では肩こり、頭痛、生理痛、月経血に塊が交じるなどの症状が現れ、瘀血体質になると、舌の色が紫となり、しみ・そばかす、目の周りの黒ずみ等の症状が現れます。

(3)「津液」とは血液を除いた、人体にある全ての正常な水液のことです。
各臓腑組織に存在している体液や正常な分泌物も含まれます。痰飲が発生すると、腸鳴、胃内停水、気管支炎、喘息、関節炎、蕁麻疹などの病証が起こります。